banner

名義変更は必須

事故車になってしまう前に名義変更は行おう。

自動車を他人から譲渡されたり、また譲渡をする場合には名義変更を行う必要があります。
自動車の名義は車のオーナーが誰かを証明しているということは言うに及ばずのことですが、それよりも遥かに重要なのが「車の名義人には所有者責任が発生する」ということです。

この所有者責任は、その車が事故を起こして事故車となってしまった場合には非常に重要な事項となります。
交通事故が起きてしまった際には少なからず何らかの賠償が発生したり、責任の所在が問われたりといったことが発生します。

事故車の名義人が自分であり、自分が運転をしていた場合には通常通りに保険会社に連絡を取り、様々な手続きを行うことになりますが、自分の車であるにもかかわらず名義が別の人であったり、別の人が自分の名義の車に乗っていた場合には様々なトラブルが発生することになります。

その最たるものが、「自賠法3条の運行供用者責任」と呼ばれるものです。

これは事故が発生した際、被害者は事故による損害を運転者と所有者の両方に対して請求が出来るという法律です。
また、運転者と所有者のどちらが賠償を行うのかといったことを決定する権利は被害者の方に存在しており、被害者が「事故車の所有者に責任を取ってもらう」と主張したのであれば、自分が運転していないにもかかわらず、事故車の名義人たる自分が賠償を行わなくてはならなくなるのです。

さらに運転者が名義人の友人などだった場合や、他の名義人の車を自身が運転していた際は、運転者がその車の保険加入者として認められないがために、保険を使用することが出来ないといったケースも発生します。

このように、名義変更がなされていない状態で車を運転することは、運転者にも名義人にも大きなリスクが存在しているのです。

ディーラーから車を購入した場合にはディーラーが名義変更などを行ったり、指示をくれたりといったことが殆どですが、特に個人売買によって車の所有権が移動する場合にはこの名義の変更がなされていない恐れがあります。

その車は誰に名義があるのかという点は車検証に明記されていますので、名義人が誰かということに自信がないのであれば、ここまでで挙げたリスクを回避するためにも一度車検証を確認し、名義が違う場合には名義変更の手続きをとることが必要だといえます。。

Copyright(c) 2014 事故車となった場合の処理と事故車はどういう用途があるのか学んで下さいAll Rights Reserved.