banner

事故車の行方は

事故車の行方。壊れた車はどこへ行く?

不幸にも交通事故に見舞われた場合、事故車となってしまった愛車を修理をするよりも買い換えてしまったほうが早く、安いといったような状態に陥ってしまうことがあります。

今までのそういった車は基本的に、業者に依頼してスクラップとしてもらうというケースが多くありました。
ですが最近では、修理が不可能になった事故車であっても買い取ってくれる買取業者も出てきています。

こういった業者に買われていった車の行方は、大きく分けて三つの道に分かれています。

まず第一に、事故車が業者によって修理されて再度販売されるケースです。

もともと修理不能と判断されて売却した車ですから、修理されて販売されることはかなり稀ですが、全くないわけではありません。
偶然に業者が修理に必要な部品を保有していたり、同車種の事故車があった場合には問題ない部品を組み合わせることで修理を行うことがあります。

また、車自体にプレミアがついていて価値があったといった場合には修理されて販売されることもあるでしょう。
次に第二として、海外に輸出されるケースです。

海外では現在、車の部品や車に使われている素材に対する需要が急成長してきています。

部品を例に挙げますと、エンジンは取り外された後オーバーホールして再度稼動できるようにされて使用されますし、サスペンションのような足回りの部品は未だ道路が完全に整備されていない発展途上国では根強い需要が存在しています。

特に事故車となった車が日本製の場合、「日本の車は良い部品が使われている」という評判の良さもあいまって、途上国などでは非常に人気がある商品となります。

そして第三に、壊れた状態のままオークションにかけられるケースです。
動けなくなった事故車をオークションで落札する人がいるのか、というのが消費者一般の疑問になることは多々ありますが、先述した輸出目的や修理目的などで、壊れたままの事故車を落札する専門業者は少なからず存在しています。

このように事故車は業者に引き取られた後、大きく分けて「再販売」「輸出」「オークション出品」の三種類のいずれかの形で扱われていくことが現在では多くなっています。

ただスクラップにするだけではなく様々な活用法が見出されているだけに、消費者にとっては車を廃車にするときであっても様々な選択肢から選ぶことができるようになっているといえるでしょう。

Copyright(c) 2014 事故車となった場合の処理と事故車はどういう用途があるのか学んで下さいAll Rights Reserved.