banner

溶接痕で判断しよう

溶接痕で「事故車」かどうかを判断しよう

中古車を購入しようとする際、消費者が特に気にするのは「その車が事故車かどうか」というポイントです。

過去に事故を起こしていたり、事故に巻き込まれたりといった経歴を持つ事故車はそれがどれだけ修理されているといっても、やはり不安感を与えてしまうものです。

その中古車が事故車かどうかを判断する際に確認するべきポイントはいくつかありますが、特にわかりやすいのが溶接をした痕がないかを確認することです。

これは中古車のボンネットを開けることで、場合によっては非常に容易に確認することが出来ます。
車のボンネットを開けるとそこには様々な部品が詰め込まれていますが、特に確認するべきなのは車の手前の角にある部分です。

インサイドパネルと呼ばれる部品と、コアサポートと呼ばれる部品は本来であれば製造過程において溶接されてされており、取り付けられた後に様々な処置が施されています。

基本的に車は、通常通り使用しているのであればこういった箇所が錆びることは非常に稀です。

その車が塩気を含んだ海風を常時受けるような場所を走っていたというケースや、道路に積雪がある地帯で融雪剤などを踏んで走っていた、また、長い期間放置されていて塩害が発生してしまったというケースでもない限り、こういった箇所は通常、錆が出てくることはありません。

ですが、事故車の場合はボンネットの中に錆が浮いているケースがあります。
それが二つの部品を一つにするために溶接されており、そこに錆が浮いているのであれば「新車として納品されたあとから溶接を行ったのではないか」という疑いが持てます。

何らかの事情がなければそういった加工はされないはずですから、交通事故にあってしまって車のフレームが破損し、新しい部品を取り付けたのではないかということが想像できます。

こういった加工がされている場合は事故車の中でも中古車販売業者に対して説明義務が生じる「修復暦がある車」にあたりますので、必要に応じて担当者に確認を取るようにするといいでしょう。

Copyright(c) 2014 事故車となった場合の処理と事故車はどういう用途があるのか学んで下さいAll Rights Reserved.